IBV推進機構ロゴ

いわきバッテリーバレー構想

いわきバッテリーバレー構想で企業の誘致と集積を図り、地域の経済と生活を向上させる

構想概要

 東日本大震災後の2012年に提唱された「いわきバッテリーバレー構想」は、国内での大規模災害による経済リスクを分散するとともに、若い人財の確保や住みやすい豊かな地域をつくるために産業の集積をはかることを目指しています。
 また近年、大きな被害をもたらす自然災害は地球温暖化の影響と言われていますが、これを緩和する対策としての自然エネルギーや水素エネルギー、蓄電池の利用は、低炭素社会の構築につながるとともに地域での自立型電源としての役割を担います。これら次世代エネルギー資源を核にした豊かな地域を創造していきたいと考えています。

 いわきバッテリーバレー推進機構では、先進的な企業の地元誘致を目指し、その受け入れ基盤となる環境を整えるため、意識醸成や人財育成、協働事業など様々なプロジェクトを行っています。

動画でみる〜いわきバッテリーバレー構想~

いわきバッテリーバレー構想について

バッテリーバレー構想のきっかけとその思いを、庄司秀樹(推進機構代表理事)のインタビュー動画でご覧ください。動画を最後まで視聴いただくと、再生リストから他のインタビューも視聴できます。

次世代エネルギーモデル都市を目指して

いま私たちが提案している、低炭素社会の構築に欠かせない再生可能エネルギーやバッテリーの利活用に、水素の地元供給を加えた新たな次世代エネルギー利活用地域のイメージを紹介します。

バッテリーバレー構想の出発点

いわきバッテリーバレー構想の出発点(きっかけ)について、弊社代表理事・庄司秀樹のインタビューからご視聴下さい。

 

いわきEVアカデミー​

分解組み立てが可能な電気自動車(EV)を教材にした人財育成事業「いわきEVアカデミー」は、福島工業高等専門学校(福島高専)との協同で2016年から実施しています。講座での写真を中心にその取り組みを紹介します。

金融機関として推進機構に参画したきっかけ

地域に根ざした金融機関として、ひまわり信用金庫がバッテリーバレー構想を応援する理由。参画のきっかけや金融機関目線で地域にどのような変化があるかをお話しいただいた、台正昭氏(ひまわり信用金庫理事長・推進機構監事)のインタビューを御覧ください。

バッテリーバレー構想が地域で目指すこと

バッテリーバレー構想によってい地域をどう変えていきたいのか、代表理事のインタビューからお伝えします。動画を最後まで視聴いただくと、再生リストから他のインタビューも視聴できます。

いわきバッテリーバレーフェスタ

2015年に推進機構設立記念として開催した「いわき未来博」は、翌年より「いわきバッテリーバレーフェスタ」として毎年開催しています。これまでのイベント風景をスライドショーで紹介します。

バッテリーバレーフェスタを始めたきっかけ

いわきバッテリーバレーフェスタを始めたきっかけについて、弊社代表理事・庄司秀樹のインタビューからご視聴下さい。

いわきバッテリーバレー構想
バッテリー利活用都市イメージ

資料ダウンロード

IBVパンフレット
IBVパンフレット

企業情報

一般社団法人いわきバッテリーバレー推進機構

福島県いわき市常磐西郷町銭田106-1
東洋システムA棟

PHONE 0246-88-6511

ホームページURL https://iwakibv.org

お問い合わせ

    back to top